FC2ブログ
ハルのマロ犬日記
アメリカンコッカーのモカ&コナに弟ができました!
愛おしい天使たち
2012.3.1
天使になったコナちゃん

もう一年経つんだね。。。






ちっちゃい頃からモカちゃんばっかりチヤホヤされることが多かったから
ママはコナちゃんをひいき目で見ていたところもあったよね。
愛嬌はコナちゃんの方が抜群だったのにね。




耳ダニをつけて我が家にやってきて以来、若い頃から耳だけは弱かったよね。
おかげでママは耳掃除が上手になったよ。


モカはちっちゃい頃からいろんな病気が多かったけど
コナはお耳以外は病院に通うこともすくなくてママたちはとっても嬉しかったよ。





いつもふたりで一緒のベッドで寝ていたね。
モカが優しい子だったからコナは調子に乗ってモカに威張っていたよね。
やっぱり次女ってそうなのかしら?と思いながらも
わがまま娘にしたのはママだったのかもしれないね。





緑内障から完全に全盲になった時、ママは本当に辛かったよ。
もう光も感じられないと思うと、不憫で不憫で涙が止まらなかったよ。


小さい頃は江戸川の土手でよく鳥を追いかけてたね。

ボールのレトリーブも上手だったよね。



大好きなお散歩もボール投げもできなくなっちゃったけど、
ピーちゃんをピコピコ鳴らして遊んでいたね。



ちゃんとおウチのトイレもわかっていたし、おやつもすぐに嗅ぎ分けてはしゃぎ
ママもパパもみんな、コナの能力に感心しきりだったよ。


ママはコナの前向きな姿に感動して、逆に元気づけてもらったよ。



ママっ子のコナちゃんに拍車がかかったのもこの頃からだったよね。




心配が尽きないふたりだったけど、食欲だけは衰え知らずで食いしん坊だったよね。





モカも最後の最期まで食べていたから
まさかコナがご飯を食べなくなるとは思ってもみなかったよ。



緊急手術から一か月本当によく頑張ってくれたよね。


パパに「コナにずっとついててあげなさい」って言ってもらって
2月中お店をパパひとりに任せ、ずっとコナを看ていられて、

今思うと本当に幸せな時間だったよ。





その時間でママは頑張ってくれたコナをいつでも腕の中から旅立たせる覚悟ができたんだよ。


なのにその日、
やっと落ち着いて寝入ったコナを確認してママはハルの散歩に出たのに

どうして帰ってくるまで待っていてくれなかったの?

一人で逝ってしまうなんて思ってもみなかったから
だから今でもママは区切りがつけられてないのかもしれないよ。


みんなは「コナらしいね…」って言うけど、ママは今もまだわからないんだよ。


一年間ずっと考えてきたけれど、答えはきっと永遠にでないんだと思う。


でもね、
永遠にモカもコナもパパとママの大切な愛娘。
今も愛して止まないこと、一緒にいること、忘れないでね。。。


ハルちゃんが今、パパとママを支えてくれてるから見守ってあげてね。
そしてパパとママがそっちに行くまで仲良く待っていてね。




モカちゃんコナちゃん!
パパとママの可愛い可愛い娘たち…

あなた達のおかげで、とってもとっても幸せだったよ!!!

パパとママのところに来てくれて
本当に本当にありがとう!!!!!




2013.3.1 ママより
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mochakonaharu.blog135.fc2.com/tb.php/46-eb3897e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)